東京23区最大の人口

図面と模型

賃貸物件の増加が顕著

世田谷区は東京23区で最も人口の多い区となっており、現在も人口の流入が継続しています。世田谷区には大学が多いこともあり、学生の住民が増加しています。また、世田谷区は都心へのアクセスが良いこともあって若年層の増加も顕著となっています。こうした新住民のニーズに応えるために、世田谷区では沿線の駅前に不動産屋が多く店舗を構えています。首都圏の不動産価格が上昇していることもあって、世田谷区では相続対策のための賃貸物件の建設が増加しており、不動産屋の数が多いにも拘らず取り扱う物件の数は減少するということにはなっていません。不動産屋には古くから営業をしているところも多いのですが、最近は資本力のある不動産屋がフランチャイズで進出するケースが少なくありません。

ネットでの取引が主体

従来は不動産屋に出向いて賃貸物件を探すのがセオリーでしたが、最近はインターネットで物件を絞り込んでから、不動産屋に出向いて物件を確認したうえで契約するケースが一般的になっています。世田谷区では古くからの不動産屋はITへの投資が難しいため、新しく進出してきた不動産屋と提携して対応するケースが散見されるようになっています。したがってインターネットで賃貸物件を検索すると同じ物件がいろいろな業者のホームページに掲載されています。こうした状況で優先的に入居者を確保するためには、専任で不動産屋に委託することは有力な選択肢となっています。移動の激しい時期には賃借人の物件確保が難しくなりますので、より慎重に物件選びを行なう必要があります。

Copyright © 2016 中古マンションは不動産会社選びが鍵となる│良質物件探しをしよう All Rights Reserved.